LexisNexis Newsdesk®

ビジネスプランニングの精度を高める
メディアモニタリングソリューション

LexisNexis Newsdeskビジネスやコミュニケーションを強化する情報ソリューション、
「レクシスネクシスニュースデスク」

レクシスネクシス「ビジネスインサイトソリューション(BIS)」は、60ヶ国以上の3,000社を超える企業にビジネスインサイトを提供するオンラインデータソリューションプロバイダーです。競合分析や自社製品・サービスの評価を分析・比較検証し戦略立案をサポートするソリューション「LexisNexis Newsdesk(レクシスネクシスニュースデスク)」をご案内します。

こんなケースにこそ
「レクシスネクシスニュースデスク」

ウェブニュースなどのモニターやメディア情報の分析にかかる負担を軽減

自社キャンペーンの効果測定や感情分析など、より効果的な施策の立案導入に向けた分析業務の重要性は増すばかり。とはいえ、秒単位で更新されるオンラインコンテンツをすべてチェックし、その中から有益なものをピックアップ、分析する作業に忙殺されるのは、生産性の面でもコストの面でも望ましい姿ではありません。ネット時代特有のこうした課題を解決するのが、レクシスネクシスニュースデスクです。

レクシスネクシス・メディア・インテリジェンス・ソリューションはライセンスコンテンツを含む総合的なデータから質の高い情報を提供します。

サービス概要

ベストな経営判断をするための材料をスピーディーに提供

時間的、リソース的に大きな労力がかかる分析作業を、より効率的かつシステマチックに行うなら、レクシスネクシスニュースデスクの活用が不可欠です。

レクシスネクシスニュースデスクなら、ブログやSNSなどのソーシャルメディアからも旬な情報を収集できるので、埋もれがちな情報も見逃しません。またライセンスコンテンツを含むオンラインニュースを収集、分析し、正確な経営判断を下すために必要なデータをスピーディーに提供します。

ニュースデスクは、APIやデータフィードオプションにも対応しています。(LexisNexis Metabase)

「レクシスネクシスニュースデスク」の3つの特長

1:充実の検索機能

1:充実の検索機能

日々更新される約2,500以上のオンラインニュースを含む膨大データを検索可能。世界の90を超える言語(方言含む)、235ヶ国のコンテンツと、77,000を超えるニュースソース、250万超のソーシャルメディアフィードをモニターします。さらに編集記事はテーマ別に120項目に分類、社会的カテゴリー別では25項目以上に分類するなど使い勝手にも優れています。

2:多彩な分析機能

2:多彩な分析機能

レクシスネクシスニュースデスクは、ブランドランキングだけでなく市場における感情分析、シェアオブボイス分析など高度な分析を行います。さらに検索結果と位置情報を紐付けして地図で表示することも可能。

3:スムーズな情報共有

3:スムーズな情報共有

検索情報や分析結果を組織内外の関係者同士で共有しやすくする各種機能を搭載しています。

製品紹介
月額基本料金
  1ID 2ID
シルバープラン ¥80,000 ¥140,000
ゴールドプラン ¥100,000 ¥175,000

※別途オプションなど詳細はお問い合わせください。

「レクシスネクシスニュースデスク」の活用事例

CASE1 大手家電メーカーを顧客に持つPR代理店E社の場合

課題

キャンペーントラックと競合分析を客先の経営陣に定期的かつタイムリーに行うため、使い勝手が良く効率的なツールを探していた

「レクシスネクシスニュースデスク」導入後の改善

  • グローバルなニュースソースから有益な情報をスムーズに得られるようになったこと、検索情報を分析してクリッピングリポートに詳細分析チャートを添えて提出できるようになったことで、経営陣とのタイムリーな情報共有が可能になった。
  • 毎日のルーティンにかかるリソースが改善されただけでなく、顧客の満足度も向上した。
CASE2 一般の検索サイトでは満足できなかった住宅メインテナンス会社F社の場合

課題

競合他社の分析に一般的な検索サイトを利用していたが、重要な記事でも検索結果に上がらないという点に不満を感じていた。
またサーチ結果を保存できないこともネックだった。

「レクシスネクシスニュースデスク」導入後の改善

  • 有料コンテンツを含む膨大なニュースから、有用と思われるものを的確に検索できる機能がF社の業務をより効率的なものとした。
    また充実の共有機能で社内の情報共有が図られた。
  • レクシスネクシスのプロフェッショナルサービスに依頼して、より自社ニーズに即してカスタマイズした分析チャートの作成を依頼するなど意欲的な取り組み姿勢が生まれた。
CASE3 メディアインテリジェンスの非効率に悩んでいたコンサルティング会社G社の場合

課題

客先からの依頼で、マスメディアとオンラインメディアから同社に関連した記事をクリッピングし、CEOに毎朝送付することが日課だったG社。しかし、同時に記事をスキャンしたPDFデータ(URL添付)を全社員に送付するという作業も行う必要があった。さらにCEOと事業部門ではそれぞれ情報ニーズが異なり、多くの人件費を必要とする非効率な業務であったため、有効な改善策を模索していた。

「レクシスネクシスニュースデスク」導入後の改善

G社は事前に導入していた別のソーシャルメディアモニタリングと統合し、グローバルなニュースを集約し、分析できるシステムを独自に開発。これにより客先の社員には毎朝、ニーズに応じた記事をセグメント化し、ヘッドライン(URL添付)を送付できるようになり顧客満足度が向上。さらにスキャン⇒PDF化を省略できたことで業務効率も改善された。こうして生まれた余力で、午後にはトレンドを追跡したアップデートの送信も容易になり、客先からは各部署の意思決定に役立つサポートツールとして高く評価された。

CASE4 優れた分析ソリューションを探していた建設会社コンサルティング会社G社の場合

課題

ヘッドライン共有だけでなく、イントラネットで社内ユーザーが各自のニーズに合わせて必要なニュースや情報ソースを検索・分析できるツールを探していたが、全社的に活用するにはコスト問題をクリアする必要があった。

「レクシスネクシスニュースデスク」導入後の改善

  • 競合他社とのシェアオブボイス分析、過去60日分にわたる自社メディア露出のトラックと分析が容易になったことで、マーケティング担当者の負担が大幅に軽減された。
  • 検索したメディアインサイトを、競業別、業界別、地域別などのセグメント別に詳細な分析が行えるようになったため、事業開発のための意思決定がよりスムーズに行えるようになった。

製品に関するお問い合わせ

レクシスネクシス・ジャパン株式会社 BISセールス

資料請求はこちら

ページトップ

Copyright © 2017 LexisNexis.All rights reserved.

RELX Group